Get Adobe Flash player

地面に直接施工する:用意するもの

柱建てに必要な工具等


地面に柱を立てる場合は写真左の「ダブルスコップ」で直径20cm程度の穴を開けます。

ブロックやコンクリートに柱を設置する場合は写真右上のハンマードリルと指し筋アンカーとそれを打ち込むスチールハンマーが必要となります。

バイナルフェンス

その他の工具等


上段左からスコヤ(金差しでも可)、水糸、水平器。中断左からヤスリ、スケール、カッター。下段左からゴムハンマー、プラノコ、インパクトドライバー、サンダー(ダイアモンドまたは鉄用の歯)

バイナルフェンス

モルタルに必要な資材、工具


砂3に対しセメント1が基準とされています。あらかじめ、砂とセメントが混ざって水を入れて攪拌(かくはん)するだけで良いという商品もあります。

混ぜるには平型のバケツと角スコップがあれば便利です。

バイナルフェンス

地面に直接施工する:作り方プロセス

1:穴を掘る


ダブルスコップで、所定の位置に、垂直に穴を開けていきます。砂利混じりの土やガラが入っているとちょっと大変です。

普段あまり使わない筋肉を使いますから、休み休みマイペースでやりましょう。

2:穴の深さ


根入れ用の柱を注文すると、根入れ深さ約60cmを見た資材が納品されてきます。地上高さ90cm程度の低いフェンスであれば45cm~50cmでも十分でしょう。

地域で指定された凍結深度も関係しますが、札幌でも60cmですから、60cmでまず心配ありません。

3:砕石


穴の底が下がらないように砕石や砂利を入れましょう。

4:転圧


バタ角などを用いて突き固めます。突き固めた後で、再度、深さを確認して調整しておきましょう。

5:モルタル入れ


練ったモルタルを入れます。量の目安は砂にして25Kg1袋程度ですが、穴が大きいと不経済なことになります。

6:柱建て


モルタルは地面の下10cmまでが目安ですが、半分くらいモルタルを入れ、一度柱を立て位置を決めてから、残りのモルタルを入れると、位置が決めやすくなります。

7:垂直の確認


水平器を用いて柱の垂直やねじれがないことを確認し、周辺の土をかぶせて足でよく踏みしめて固定します。

さらに、柱の中に、上からモルタルを、地面の高さまで入れておくとよりしっかりします。

8:水平の確認


同様に次の柱を立て、下端のレールを差込み、水平器を乗せて水平を確認します。

9:ピケットの差込


下端のレール穴に、ピケット(縦桟:たてざん)を差込んでいきます。

10:上端レールとピケットの取り付け


片側から順に、上端レール穴にピケットを入れていきます。

11:すき間の調整


上端レールの左右、下端レールの左右が、均等になるように調整します。

12:レールの固定(引き抜きの防止)


上端レールの固定には、ビスを取り付けるのがかんたんです。

下端レールには、ビスは取り付けにくいので、バイナルの破片(1.5cm角程度)を作っておき、下端レールの下面の両側の柱際の目立たない場所に、専用接着剤で貼付けておくと、どちらも柱に押し込めない状態になり固定できます。

13:ビスの取り付け


少し浮かせておけば、頭が穴にひっかかって抜けなくなります。

14:キャップの取り付け


専用の接着剤を、キャップの底もしくは柱の上部に付け、キャップを取り付けます。

水がついていると、引っ付きませんから、乾いた雑巾で、キャップの上部の水をふき取ってから、取り付けます。

1.5ounceチューブ1本でキャップ10ヶが目安ですが8ounceチューブもあります。

15:そうじ


あとは濡れた雑巾で汚れをふき取れば完成です。

16:完成


抜けるような清潔感のある白さと光沢で緑良くマッチします。